読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★カッパの『投資で資産運用』★

50歳を目前にしたおじさんが、本気で「投資」の望みます。誰でも最初は初心者。やらなきゃ、何も始まらない!#ビットコイン#仮想通貨#暗号通貨#HYIP

【ハッカー!?】Blockchain(ブロックチェーン)がサイバー攻撃に合っていた!?

仮想通貨 BITCOIN

f:id:ktetsuo:20170128114803j:plain

【重要】皆さん、ご存知でしたか?ブロックチェーンインフォが強いサイバー攻撃をうけてパスワードを盗まれたそうです。

海外サイトによる記事の原文は、こちら↓です。

 

 Attention!!! Blockchain.info, 25.01.2017 was attacked by hackers!

 

Today, 25.01.2017 year was made a powerful attack on the Blockchain.info. The attack lasted for several hours. After that, it was relatively calm, and attempt to attack again.
When you sign in, the user "system" gave a message that was required to pass additional authorization. At the same time, the system gave a false link. That is, users were asked to log-in to the clone service. This has led to the theft of many passwords.
At the moment there has been some stabilization. But, representatives of Blockchain.info and other experts recommend that all urgently change their passwords and other access codes.
Thus, this first serious attack on the services of cryptocurrency in 2017. Bitcoin was not chosen randomly. Attackers are well aware that the rising cost of Bitcoin planned is quite impressive. Therefore, they decided to quickly "cut" as much as possible.

 

Googleの自動翻訳によると以下のような内容です。

注意!!!Blockchain.info、25.01.2017がハッカーに攻撃されました!

今日、25.01.2017年はBlockchain.infoに対する強力な攻撃となりました。攻撃は数時間続いた。その後、比較的穏やかで、再び攻撃しようとしました。
サインインすると、ユーザー「システム」が追加の承認を渡すために必要なメッセージを出しました。同時に、システムは誤ったリンクを与えた。つまり、ユーザーはクローンサービスにログインするように求められました。これは多くのパスワードの盗難を招いています。
現時点では安定化が行われています。しかし、Blockchain.infoや他の専門家の代表者は、パスワードやその他のアクセスコードを緊急に変更するよう勧めています。
したがって、2017年の暗号侵害サービスに対するこの最初の深刻な攻撃。Bitcoinはランダムに選択されませんでした。攻撃者はBitcoinの計画のコスト上昇がかなり印象的であることをよく認識しています。したがって、彼らはできるだけ早く「切り詰める」ことを決めました。

この影響を受けて、ビットリージョンやアジアビッツなどのHYIPでは入出金に影響が出ているようです。

実際、私が投資しているアジアビッツのサイト上でも表示されていたウオレットの金額が消えてしまっています。ネット上では、サイトの消滅とか言われている所もあるようですが、そうではない見解も出ていますので、事実が見えるまで静観しています。

私はビットコインのウオレットは『コインチェック』を使っているので、そちらの心配がないだけ良かったです。投資先への影響だけではなく、自分が使っている銀行が攻撃されたとなるとさすがに心配ですからね。ウオレットの分散も検討した方がいいですね。

・coincheck(コインチェック)

しかし、あれだけ改ざんや削除等の不正は難しいと言われていたブロックチェーンがサイバー攻撃に合うとは怖いですね。

また、詳しい情報が入りましたらご報告いたします。

では。